ここから本文です。

胃がん検診・肺がん検診

平成31年度の検診対象のかたには、平成31年4月下旬から5月ごろに検診チケットをお送りします。

ただし検診チケットを紛失されたかたは下記のリンク先の方法により再発行を承ります。

また年度の途中で豊島区に転入されたかた、年齢が80歳以上のかたはチケットの申し込みが必要です。

がん検診チケット再発行、申し込み方法はリンク先をご覧ください。

検診のご案内

検診対象者の方にチケットと共にお送りしている検診のご案内です。
受診の流れ、医療機関一覧を記載しています。

胃がん検診・肺がん検診のご案内(表)(PDF:1,055KB)

胃がん検診・肺がん検視のご案内(裏)(PDF:1,139KB)

胃がん検診

胃部エックス線検査(バリウム検査)

対象者

令和2年(2020年)3月31日現在、40歳以上の区民のかた

実施期間

平成31年4月から平成32年(2020年)3月

内容

問診・胃部X線撮影(バリウム検査)

費用

無料

検査場所

豊島健康診査センター

豊島健康診査センターの施設案内へ

検査の申込み

検診チケットが届いたら、同封のご案内にしたがって豊島健康診査センターへ検査の申し込みをしてください。
申し込みをされた順に月曜日から土曜日の午前中の時間帯でご案内します。申し込み後、約2週間から4週間で郵送により検診日時をお知らせします。混雑時には通知日から1か月以上先の検診日になることもあります。

胃がん・肺がん同日検診をご希望の方は、電話申し込み時にご確認ください。(要電話予約、先着順)

胃がん検診は第4日曜日にも実施しています。

月曜日から土曜日の受診が困難で、第4日曜日に受診を希望されるかたは申し込み時にお伝えください。

胃内視鏡検査

対象者

令和2年3月31日現在、50歳以上偶数年齢の区民のかた

申込み・実施期間

平成31年4月1日から令和2年(2020年)3月

検診実施機関への予約申込は令和2年(2020年)2月29日まで

内容

問診・胃内視鏡検査

費用

無料

場所

検診実施機関(検診のご案内に同封します)

検査の申込み

検診チケットが届いたら、同封のご案内にしたがって、実施機関へ検査の申し込みをしてください。

肺がん検診

対象者

令和2年(2020年)3月31日現在、40歳以上の区民のかた

実施機関

令和元年5月から令和2年(2020年)3月

内容

胸部X線撮影・胸部CT撮影・喀たん検査(該当者のみ)

費用

無料

場所

豊島健康診査センター

豊島健康診査センターの施設案内へ

検査の申込み

検診チケットが届いたら、同封のご案内にしたがって、豊島健康診査センターへ検査の申し込みをしてください。
申込みをされた順に月曜日から土曜日の午後の時間帯でご案内します。申し込み後、約2週間から4週間で郵送により検診日時をお知らせします。

混雑時には通知日から1か月以上先の検診日になることもあります。

胃がん・肺がん同日検診ご希望の方は、電話申込み時にご確認ください。(要電話予約、先着順)

肺がん検診は第4日曜日にも実施しています。また、水曜日は夕方まで時間延長して実施しています。

月曜日から土曜日の受診が困難で、第4日曜検診・水曜夕方検診を希望されるかたは申し込み時にお伝えください。

がん検診について

がん検診は、がんの早期発見により、がんによる死亡を減らすことを目的としています。自覚症状のない方を対象としていることから、早期がんが多く発見される傾向にあります。早期がんは治る可能性が高く、軽い治療で済む場合が多いというメリットがあります。

一方でデメリットとして、がん検診で全てのがんが発見できるわけではありません。また、がんの疑いと結果が出ても、精密検査の結果がんではないこともあり、結果的に不必要な検査や治療を招く可能性もあります。これらをご理解のうえ、受診くださいますようお願いいたします。

がん検診を受けた結果、がんの疑いのある方は、精密検査、確定診断、治療という流れで進んでいきます。異常のなかった方は定期的に検診を受診してください。すでに自覚症状のある方は、がん検診ではなく、早急に医療機関を受診することをお勧めします。

検診は予約状況等により、実施期間中でも予約、受付を終了する場合があります。予めご了承ください。

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2019年5月15日