ここから本文です。

がん検診

令和3年度のがん検診について

令和3年度のがん検診について一部取り扱いを変更いたします。詳細は下記リンク先をご参照ください。

令和3年度のがん検診について

がん検診について

今年度の検診は、密集防止のため一日の検診者数を制限するなど、対策を講じたうえで実施します。また、状況の変化によっては検診を中止する場合もありますことをご了承いただきますようお願いいたします。

がん検診は、がんの早期発見により、がんによる死亡を減らすことを目的としています。自覚症状のないかたを対象としていることから、早期がんが多く発見される傾向にあります。早期がんは治る可能性が高く、軽い治療で済む場合が多いというメリットがあります。

一方でデメリットとして、がん検診で全てのがんが発見できるわけではありません。また、がんの疑いと結果が出ても、精密検査の結果がんではないこともあり、結果的に不必要な検査や治療を招く可能性もあります。これらをご理解のうえ、受診くださいますようお願いいたします。

がん検診を受けた結果、がんの疑いのあるかたは、精密検査、確定診断、治療という流れで進んでいきます。異常のなかったかたは定期的に検診を受診してください。すでに自覚症状のあるかたは、がん検診ではなく、早急に医療機関を受診することをお勧めします。

検診は予約状況等により、実施期間中でも予約、受付を終了する場合があります。予めご了承ください。

豊島区のがん検診、その他の検診

豊島区では、6つのがん検診(胃がん検診、肺がん検診、大腸がん検診、子宮頸がん検診、乳がん検診、前立腺がん検診)と胃がんリスク評価(旧名称:胃がんリスク検診)を実施しています。

「検診チケットの申込みが不要な検診」と「検診チケットの申込みが必要な検診」がありますので、詳しくは下記の各がん検診をご覧ください。

「検診チケットの申込みが不要な検診」であっても、年度の途中で豊島区に転入されたかた、年齢が80歳以上のかたは検診チケットの申し込みが必要です。また、検診チケットを紛失されたかたの、再発行も承っておりますので、下記問い合わせ先にご連絡ください。

 

豊島区歯科医師会「口腔がん検診」

豊島区歯科医師会では「口腔がん検診」を実施しています。詳しくは下記のリンク先をご覧ください。

豊島区歯科医師会「口腔がん検診」

 

 

お問い合わせ

更新日:2021年4月28日