ここから本文です。

居住環境総合整備事業

事業の概要

居住環境総合整備事業とは

道路や公園等の都市基盤が未整備のまま過密都市化が進み、特に老朽木造住宅等が密集して立地する地区において、老朽住宅などの除却、建替えを促進するとともに、地区施設の整備を総合的に行う事業です。この事業は、災害に備えてまちの課題を解決していくために、現在の街並みを活かしながら徐々にまちを修復していく事業です。地域の皆様のご理解・ご協力を得ながら緩やかなまちづくりを行ないます。

各地区の取り組み

各地区で木密地域の解消に向けて、道路や公園の整備などに取り組んでいます。

事業の評価

事業の効率性及び実施過程の透明性の一層の向上を図るため、令和元年度より、事業の評価を実施しています。

居住環境総合整備事業評価委員会のページ

更新日:2020年2月25日