マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

長期優良住宅の認定

長期優良住宅とは

長期優良住宅の普及に関する法律(平成20年法律第87号)が平成21年6月4日に施行されました。

この法律は、現在及び将来の国民の生活の基盤となる良質な住宅が建築され、及び長期にわたり良好な状態で使用されることが住生活の向上及び環境への負荷の低減を図る上で重要となっていることにかんがみ、長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備について講じられた優良な住宅の普及を促進することを目的としています。

国土交通省ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

長期優良住宅の認定

住宅の建築をしてその構造及び設備を長期使用構造等とし、自らその建築後の住宅の維持保全を行おうとする者は、当該住宅の建築及び維持保全に関する計画を作成し、区の認定を受けることができます。

認定の申請を予定している方は、建築課紛争調整グループまで、事前にご相談下さい。

ただし、延べ面積が1万平方メートルを超える場合は、東京都の認定となります。(東京都都市整備局住宅政策推進部民間住宅課TEL:03-5321-1111内線30-323)

認定の手数料

認定申請の際には事務手数料が必要となります。

一戸建ての住宅の場合(注釈1)で、登録住宅性能評価機関(注釈2)が作成した適合証(注釈3)を認定申請と同時に提出する場合は、7,200円。

上記以外の申請については、豊島区手数料条例の別表第1の(139)長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成20年法律第87号)に基づく事務の項をご覧ください。

(注釈1)人の居住の用以外の用途に供する部分を有しないものに限ります。

(注釈2)住宅品質確保の促進等に関する法律第5条第1項に規定する登録住宅性能評価機関。

(注釈3)建築計画が法第6条第1項各号(第3号を除く)に掲げる基準に適合することを証する書類。

居住環境の維持及び向上への配慮に関する基準

長期優良住宅の認定する基準の一つに、「住宅が良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたもの」があります。この、居住環境の維持及び向上に配慮されたものについて、基準を定めました。

(1)地区計画の区域内

地区計画の区域内においては、建築計画が、地区計画により定められた建築物に関する事項に適合しない場合は、認定をいたしません。

区内の地区計画について

(2)景観計画の区域内

豊島区景観計画の区域内においては、建築計画が、当該景観計画の建築物に関する事項に適合しない場合は、認定をいたしません。

豊島区景観計画

(3)建築協定の区域内

建築協定の区域内において、建築計画が、建築協定に定められた建築物に関する事項に適合しない場合は、認定をいたしません。

(4)都市計画施設等の区域内

次の区域内においては、認定をいたしません。ただし、建築物が長期にわたり立地することが、判明しているものについては、認定いたします。

  1. 都市計画道路
  2. 都市計画公園
  3. 都市計画墓園
  4. 区画整理事業の未施行地区
  5. 市街地再開発事業の区域(事業による住宅を除く)

都市計画道路

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2019年3月15日