ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 生活・住まいの援助 > 見守りと支えあいネットワーク事業

ここから本文です。

見守りと支えあいネットワーク事業

高齢者のかたが地域で安心して暮らし続けられるように、見守りが必要なかたのご自宅を定期的に訪問する「見守り訪問事業」や、事業者・団体の皆様から見守り活動のご協力をいただき「豊島区見守りと支えあいネットワーク事業に関する協定」を締結しています。

  • ひとり暮らし高齢者や高齢者のみ世帯で見守りが必要なかたに
  • 見守り活動への事業者・団体からのご協力

 見守り訪問事業

ひとり暮らし高齢者や高齢者のみ世帯で見守りが必要なかたのご自宅を訪問員(シルバー人材センター)が定期的に訪問し、安否確認を行います。

対象者

豊島区にお住まいで、定期的なサービスを利用していない65歳以上のひとり暮らし高齢者や高齢者のみ世帯のかた

事業内容

月2回、訪問員(シルバー人材センター)が見守りが必要なかたのご自宅へ伺い、広報紙等の配付とともにお声がけを行い、安否確認をします。

ご相談

見守りをご希望のかたや、まわりに心配なかたがいらっしゃるなどのご相談は、高齢者総合相談センター(地域包括支援センター)にお願いします。

高齢者総合相談センター(地域包括支援センター)

 見守りと支えあいネットワーク事業に関する協定

高齢者等が安心して暮らし続けられるように、高齢者等の異変に気づいた場合や気になることがあった場合、区や高齢者総合相談センター(地域包括支援センター)へ通報していただくなど、地域の見守りに協力してくださる事業者・団体と協定を締結します。

協定内容

協定内容は、以下の項目からご協力いただける項目を選択することができます。

  1. 高齢者等に対する「緩やかな見守り」の実施
    日常業務の中で高齢者等の異変に気づいた場合、ケースに応じて区や高齢者総合相談センター(地域包括支援センター)等の見守り専門機関、警察・消防に連絡
  2. 認知症の方やその家族を支える地域づくりへの協力
    「認知症サポーター養成講座」の受講等により認知症に関する正しい知識の習得に努めるとともに、認知症の方や家族が困っている場合、可能な範囲で支援
  3. 高齢者等の消費者被害の防止
    日常業務の中で、高齢者等の消費者被害の兆候を察知した場合、消費生活センター等に連絡
  4. 緊急情報共有アプリ「Coaido119」の登録およびAEDエリアコール受信登録への協力
    119番通報と同時に周囲の医療有資格者や救命講習受講者、AED設置者等に救命協力要請を発信できるアプリ「Coaido119」(豊島区後援事業、現在iPhoneのみ対応)の登録協力およびAEDエリアコール(119番通報があった際に周囲のAED設置施設に協力要請が自動着電する仕組み)受信登録への協力
    Coaido119公式サイト(新しいウィンドウで開きます)
  5. その他地域活動支援等
    地域ケア会議(地区懇談会)への参加、介護予防、高齢者虐待防止、認知症徘徊行動等による行方不明高齢者の早期発見等、区の高齢者施策や地域活動支援に対し、可能な範囲で協力。

協定書(案)

豊島区見守りと支え合いネットワーク事業に関する協定(案)(PDF:86KB)

協定についてのご相談

高齢者福祉課高齢者事業グループ(電話03-4566-2432)へご連絡ください。

協定団体(平成31年3月19日現在7事業者)

平成31年1月17日協定締結(生活協同組合5団体)

豊島区と生活協同組合5団体の見守り協定締結式の写真です

生活協同組合コープみらい

生活協同組合パルシステム東京

東都生活協同組合

北東京生活クラブ協同組合

東京保健生活協同組合

 

 

平成31年3月19日協定締結(ガス事業者2社)

 

東京ガス株式会社北部支店豊島区と東京ガスの見守り協定締結式の写真です

東京ガスSTコミュネット株式会社東京ガスライフバル豊島

 

 

 

 

 

 

 

 

平成31年3月25日協定締結

三井住友海上あいおい生命保険株式会社東京営業所

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2019年11月20日