ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 豊島区立東池袋フレイル対策センター

ここから本文です。

豊島区立東池袋フレイル対策センター

5月10日(金曜日)に東池袋フレイル対策センターがオープンしました。当センターは、フレイル(虚弱)対策として食や会話(コミュニケーション)、口腔(お口)の機能維持を中心に取り組みを進め、健康寿命の延伸を目的とした介護予防センターです。生涯にわたり、はつらつと活躍できるように、居場所づくり、活躍の場、気づきの場としての機能も追加した多機能型センターです。区内では、豊島区立高田介護予防センターに続き、2か所目の介護予防を目的とした施設となります。

住所:豊島区東池袋2-38-10

開館時間:9時から16時

開館日:月、火、水、木、金、土(日、祝、不定期の館内整理日をのぞく)

電話:5924-6212FAX:5924-6213

フレイルとは

年を取って、心身の活力が落ちた状態をフレイル(虚弱)と言います。フレイルは、健康な状態と要介護(介護を必要とする状態)の中間にあるとされますが、フレイルのサインに早めに気づき、適切な対応をすることによって、健康な状態に戻ることができるとされています。「人生100年時代」と言われています。いつまでもイキイキと自分らしい生活を続けるためにフレイル予防に取り組んでみませんか?

フレイル予防は「社会参加」から

フレイルを予防し、健康寿命(健康でいられる期間)を延ばすためには3つのポイントが重要だということが知られています。それが、「栄養(口腔)」「運動」「社会参加」の3つです。中でも、社会参加の機会が減少すると、フレイルの最初の入り口になりやすいことがわかっています。「人と会うのがおっくう」「外にでるのが面倒」になると、家に閉じこもりがちになり筋力が低下したり食欲が低下するといった悪循環が生じます。地域の集まりや趣味のサークルなどに参加をして、フレイルの最初のきっかけを食い止めましょう。

フレイル側面

フレイル対策センターの事業内容

フレイル対策事業

毎日がフレイル予防!測定や講座で自身の気づきを促します。

測定コーナー

体組成計、血管年齢、骨密度計などの測定機器があります。これらの測定機器は、一部を除いて区民の方のきっかけづくりのために開館時に測定できる他、フレイルセンターで行う教室や講座の前後に測定を行い、教室や講座の効果を数値によって確認することができます。

としまる体操

センター開館日(月、火、水、木、金、土曜日)の午前9時30分と午後3時から介護予防サポーターを中心に「としまる体操」を行っています。

「としまる体操」は、どこでも気軽に取り組め、効果のある介護予防体操として東京都健康長寿医療センターの指導・監修により、制作しました。先生と生徒の関係を作らず、輪になって集った皆さんで声を出しながら行う新しい介護予防体操です。「としまる体操」を始めて、効果を実感しませんか?水分補給のための飲み物をお持ち下さい。

事前の申し込みは不要です。動きやすい服装でご参加下さい。【としまる体操

転倒予防教室

としまる体操など、日々の体操だけではなく、特に転倒について詳しく学びたいという方のために、転倒予防教室を開催します。個人個人の体の弱点や転びやすい原因を明らかにして外出が楽しくなるような体づくりを理学療法士の先生とつくりましょう。

【転倒予防教室】

介護予防・日常生活支援総合事業

東池袋フレイル対策センターにて通所型サービスを行います。詳しくは以下のページをご覧ください。

案内

相談事業

フレイル予防や介護予防、生活習慣に関する相談ができます。看護師や栄養士、歯科衛生士、リハビリ職等が対応します。(要予約)

認知症対策事業

認知症の方とその家族が気軽に集えるホッとスペースです。

カフェ

高齢者の居場所と地域の交流スペースです。美味しいコーヒーと健康を考えた食事を提供します。(月曜日から金曜日の午前11時~午後3時)

おとな食堂

地域の皆さんが顔を合わせながら食事を楽しむ「おとな食堂」を6月から開始します。ふるってご参加下さい。

日時:6月19日から原則毎週水曜日午後5時から8時

参加費:300円(食材等により今後、変更する場合もあります)

申し込み:不要です。直接会場にお越しください。

その他:ボランティアスタッフ募集中です。おとな食堂に興味があり、調理や配膳を一緒にやってみたい、という方はセンターまで(電話03-5924-6212)

お問い合わせください。

イベント・お知らせなど

今月のイベントと通信

10月のイベントカレンダー(PDF:303KB)

10月の通信(PDF:648KB)

フレイル予防リレー講座

フレイル対策センターでは、毎回「食」をテーマにした講座を連続で開催します。フレイル予防には、栄養に厚保配慮した食事を摂取することが重要です。この機会に「食」とフレイルについて学んでみませんか。

フレイル予防リレー講座

お問い合わせ先

豊島区高齢者福祉課

介護予防・認知症対策グループ03-4566-2434

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2019年10月10日