ホーム > 子育て・教育 > 子ども・若者 > 中高生センタージャンプ > 中高生センタージャンプ長崎

ここから本文です。

中高生センタージャンプ長崎

所在地

〒171-0051東京都豊島区長崎2-24-13

電話 03-3972-0035
ファクス 03-3972-0036
利用時間

月曜日から金曜日
午前10時から午後8時まで(中学生は午後7時まで)

土曜日、日曜日
午前10時から午後6時まで(中学生、高校生ともに)

休館日

祝日・年末年始(12月29日から1月3日)

祝日が日曜日の場合は翌日の月曜日

利用方法
  1. 個人利用届出書に必要事項を記入して、利用証を作成します。
  2. 利用証は持ち帰り、使用の際に受付へ提出して下さい。
  3. 団体で利用する場合には、団体用の利用証を作成します。

【ご注意】

  • 利用証作成・更新の際に、生徒証や健康保険証等で本人の確認が必要です。
    毎年更新です。
  • 入学や進級で生徒証が新しくなったら、更新手続きができます。
    受付で手続きをしてください。
施設案内

ジャンプ長崎は、中学生や高校生に、学習の場の提供、音楽やダンスの場の提供、

調理の場の提供、友人との語らいの場やボランティア活動の場を提供して、

中学生や高校生の自主的な活動を支援する施設です。
乳幼児と付添の方も施設の一部を利用できます。

/257/kosodate/kosodate/hokago/kodomoskip/images/jumpnagasakirogo_2.png

中高生センタージャンプ長崎は、平成24年4月に開館した豊島区の施設です。

建物は小型児童館(元の長崎第二児童館)のまま、内装を中高生仕様にして「中高生センタージャンプ長崎」になりました。自分にも、他の人にも、居心地の良い場となるようにように、利用する中高生が自分で考え、いろいろな試みをしています。

だから、ジャンプ長崎は中高生が作る中高生のための居場所なのです。目的がなくてもふらっと立ち寄ることができます。

中高生と共有ですが、一部の部屋を高学年の小学生と乳幼児と付添の方にも開放しています。

・ジャンプ長崎の過去の様子を紹介します。

館内フロアガイド

館内案内(新しいウィンドウで開きます。)

 

新着情報

詳細は下記をご覧ください。

11月のプログラム

スキップまつり

11月10日(日曜日)にスキップまつりが行われ、ジャンプからも中高生やOBが出演します。

長崎獅子舞のふんごみなどを披露する予定です。会場にきた人もぜひ一緒に参加してください。

ジャンプからはパネルの展示や、ジャンプの利用者の作った映画の上映も行います。

 

区民ひろば長崎のおまつりに出演

11月16日(土曜日)に区民ひろば長崎のおまつりがあります。

ジャンプ長崎の利用者も縁日の手伝いや、エンディングにギターや歌で出演する予定です。

手伝いや出演をしてくれる中高生は、職員に声をかけてください。

映画コンクール

映画つくり映像文化普及・映像教育事業の一貫で、ジャンプを利用する中高生が映画を制作や編集もしています。

今年で4年目になります。スキップまつりで発表する予定です。

 

 

最近の出来事

千早文化創造館文化祭オープニングに参加

千早文化創造館

10月5日(土曜日)に千早文化創造館でおまつりがあり、オープニングにジャンプ長崎利用者の高校生が出演しました。

地域の方がたくさん集まる中、緊張しながらもギターと歌を披露してくれました。

 

ハロウィン

ハロウィン10月はジャンプでハロウィンの仮装が楽しみました。

いろいろな衣装や化粧道具を用意して、自由に仮装をしてもらいました。

 

 

文化祭見学

学園祭9月、10月は多くの高校で文化祭が行われます。

ジャンプの職員も、利用者の学校の文化祭に行ってきました。

日頃ジャンプで練習しているバンドの発表や、お店や展示でがんばっている姿を見学しました。

図書館展示

「中高生の今」をテーマに、10月26日より11月21日まで豊島区中央図書館にジャンプの展示を行っています。

おすすめの本は、中高生が実際に中央図書館に行って調べました。

ぜひ見に行って、本を手に取ってみてください。

長崎獅子舞練習

ししまい

豊島区無形民俗文化財の長崎獅子舞の練習をジャンプ長崎で、毎月最終水曜に行っています。

ジャンプOBや、高校生が小中学生に教えています。7月から始めて、だいぶうまくなってきました。

11月10日(日曜日)のスキップまつりでも披露します。

やってみたい人は、ぜひ見学に来てください.。

いつものプログラム

利用者会議

利用者会議の様子ジャンプのスタジオを利用する人の参加が、現在中心になっていますが、ジャンプ長崎を利用する中高生であれば、誰でも出席できます。施設に対する要望や日ごろ感じている疑問など、この場を利用して発信できます。

利用者会議は11月16日(土曜日)午後3時30分からです。

利用者会議のあとは中高生なら誰でも参加できるゆるゆる交流会も開催しています。

 

 

 

 

 

ビジュアルワーク

雑誌、広告などから自分の好きな写真や気になった絵などを切り抜き、台紙に貼ってひとつの作品を作ります。

今月は11月6日(水曜日)午後4時からです。

マガジンピクチャーサンドピクチャーが楽しめます。誰でも気軽に作ることができます。ぜひご参加ください♪

 

J’sカフェ

J’sカフェは、クッキングスタジオ講習を受けた中高生なら誰でも参加できる毎月の料理プログラムです。

11月は「なんちゃってモンブラン」です。

初めての人も手ぶらで参加できます♪

過去のJ'sカフェのレシピは、自由に持ち帰ることができます。

 

付録抽選

雑誌「セブンティーン」や「アニメディア」の付録を抽選で差し上げます。

ジャンプ受付への申し込みは11月19日(火曜日)まで、抽選は20日(水曜日)です。

今月の付録は受付で見ることができます。応募お待ちしております。

 

乳幼児向けプログラム

つくっちゃお今月の作っちゃお!は、「スポンジで作るお寿司」です。

11月1日(金曜日)から作ることができます。

乳幼児プログラムは、午前10時から午後3時ごろまでできます

  • 作っちゃお』は簡単な工作です。色々な工作ができますので、館内のバックナンバーをご覧ください。
  • 『ちょこっとタイム』は、簡単な絵本の読み聞かせです。お気軽に職員に声をかけてください。

 

出張ふぉー・てぃー

20152023東京都エイズ啓発拠点ふぉーてぃーは、池袋保健所1階にあるAIDS知ろう館内に設置されたHIV/エイズに関する情報ラウンジで、東京都が平成19年度にスタートさせた事業です。

そのふぉーてぃーのスタッフが月に1回程度、「出張ふぉーてぃー」としてジャンプにやってきます。

ジャンプの利用者世代に合ったふぉーてぃー事業をおこない、正しい知識、予防行動についての情報を提供してくれます。

好きな人のことや自分の気持ちについておしゃべりしながら、キラキラシールでケースをデコったり、ビンゴをしたりして一緒に楽しみましょう。

次回の来館日は未定です。職員にお問い合わせください。

東京都福祉保健局ふぉー・てぃーのページ(新しいウィンドウで開きます)

プロフェッショナルな方々

福島環さん(ふくしまかんさん)

環さんかんさんの企画で、「うたのね」や「メンテまつり」をおこなっているほか、CDやプロモーションビデオを作ってみたい人の支援もしています。音楽のことで迷ったら、きっと力になってくれます。
日本大学芸術学部音楽学科在学中、日本レコード大賞受賞作曲家のもと、作詞、作曲、編曲の仕事を始める。

自身のバンドでは、CDを3枚リリース。アーティストや企業への楽曲提供、プロデュース、品川新宿音楽教室ピアノ・作詞作曲科講師、池袋みらい館大明バンド講座講師、ラジオパーソナリティー、感情直撃re:cords代表など、様々な活動している。ジャンプ利用者からの信頼は厚い。

山下敏雅弁護士(やましたとしまさべんごし)

/257/kosodate/kosodate/hokago/kodomoskip/images/jnyamasita_2.png

 

いじめ、家族、恋愛、自分自身の事など、様々な子どもの悩みに法律の観点から答えてくれています。山下弁護士のブログは「どうなってるんだろう?子どもの法律」と検索してみてね。

「豊島区の、子どもの権利擁護(ようご)委員として、ジャンプに関わっています。虐待事件で子どもを保護したり、犯罪を犯してしまった子どもの弁護をしたり、両親の離婚のときに子どもの立場でかかわったり、学校でのいじめや先生とのトラブルにかかわったり、いろんなケースで子どもの立場で動いています。東池袋と長崎のジャンプに、それぞれ月に1回ずつ行きます。

皆さんとどんどん話していきたいと思っています。ジャンプで見かけたときには、ぜひ声をかけてください!」

悩みがある人もない人も、法を身近に感じる機会です。ジャンプには自由に書き込める交換ノートもあり、匿名で自由にかきこ3冊目になりました!世の中の素朴な疑問から、本当に困っていることまで、法律の観点から回答してくれます。

相談は無料です。

11月は28日(木曜日)の午後5時から午後7時まで来館予定です。

他の日に相談をしたい場合や、緊急で相談がある場合は受付までご相談ください。

ジャンプ東池袋でも別日に相談を受けています。

山下弁護士のブログが始まりましたので、ぜひご覧ください。

どうなってるんだろう?子どもの法律(新しいウィンドウで開きます)

キュリアスゼミナール代表内田隆介さん(うちだりゅうすけさん)

/257/kosodate/kosodate/hokago/kodomoskip/images/ryu-san_2.jpg

りゅうさんの企画で、「定期テスト対策」や「崖っぷち宿題まつり」、「新中1向け。数学なんてこわくない」「センター試験(英語)対策」を実施しています。

「どうも。『りゅう』です。豊島区の某所で塾をやっており、生徒には『りゅうさん』とか『りゅう先生』とか呼ばれています。突然ですが、僕は遊ぶのが大好きです。昔も今も、いろんなことして遊んでおります。今では遊びの主戦場はビジネスのフィールドとなりましたが、相変わらずサッカーやバスケ、スノボやサーフィン、キャンプなど遊びにも精を出しています。さて、こんな遊び大好きな僕がなぜ『教育』などという、かた苦しい業界にいるのか。―中略―理由は簡単で『楽しいから』です。勉強や学問ってめちゃくちゃ面倒くさいと感じる人が多いんですが、こんなに遊び大好きな僕がいまだに真剣にやっているくらい楽しいんです♪いや、マジで。(笑)というワケで、試験勉強はもちろん、日ごろの宿題など、僕がいるときは気軽に声掛けてください。
おそらく、その辺でみなさんの誰かと卓球をしたり漫画を読んだりしていますよ。
中高生に交じって、めがねでヒゲのオッサンを見たらどうぞよろしくお願いします。」

りゅうさんとの交換ノートも用意しています。質問を書いてくれればりゅうさんが答えてくれます。

キュリアスゼミナール(新しいウィンドウで開きます)

アートインジャンプ武久絵里さん(たけひさえりさん)

/257/kosodate/kosodate/hokago/kodomoskip/images/dscf5519_2.jpg

『アートインジャンプ』は、アーティストの活動とジャンプに来ているみんなの日常が重なりあい、行き来するプロジェクトです。

地元の彫刻家、武久絵里さんが来館している時は、ほおの木を彫っている姿を目撃できます。

「ジャンプに居るひと達は、別々の目的をもっているが、お互い、居心地のいい距離を保ちながら、ひとつの場所に居る。すごいことです。」

最近は演劇の活動もしている武久さん。表現は自由です。

美術大学志望の受験生の相談にも応じています。

  • 2015年度、2017年度は池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館のジャンプお休み処にて、中高生とのワークショップを展開しました。

若者相談窓口

子ども若者課では、豊島区子ども若者総合相談「アシスとしま」を開始しています。

10代から30代の若者の悩み相談を受け付けております。

相談は無料です。秘密は厳守します。

詳しくはアシスとしまホームページをご覧ください。

メールマガジン登録のお願い

豊島区中高生センタージャンプでは、メールマガジンを通じ、東西ジャンプのプログラム案内や中高生に向けたイベントの紹介しながら、大人からのメッセージなども配信しています。

まだ登録されていない方もこの機会にぜひ登録をお願いします。

 

【パソコン・スマートフォンの方推奨】…URLの表示があります。

「同意する」を押すとメールマガジンの一覧が出てきますので受信したいメールマガジンにチェックを入れてください。

https://service.sugumail.com/toshima/member/(新しいウィンドウで開きます)

【携帯電話の方推奨】…URLの表示はありません。

https://service.sugumail.com/toshima/(新しいウィンドウで開きます)

【既に安全・安心メールの配信登録をされている方】
安全・安心メールのマイページの登録情報変更からカテゴリを選択し直してください。

豊島区以外の中高生向け施設紹介

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2019年11月1日