ここから本文です。

ゴキブリ

ゴキブリ

  • いちじるしい不快感・イメージダウン
  • 悪臭
  • 病原体を運ぶ可能性がある。
  • 糞や死骸などがアレルゲンになる。
  • 異物混入(食品等に混入)
  • 書籍などの食害等

写真は、パンに産み付けられたゴキブリの卵(約13ミリメートル)

ゴキブリの祖先が地球上に現れたのは、今から3億年前と言われています。ヒトの祖先が2百万年前ですから、少なくともヒトより100倍以上の歴史を持っている大先輩です。しかしながら、先輩といえども、ヒトの家に無断で住み着き、衛生上の害をまき散らすゴキブリを許すわけにはいきません。

主な室内のゴキブリ

  • クロゴキブリ 体長約30から40ミリメートル
  • チャバネゴキブリ 体長約11~15ミリメートル
  • ヤマトゴキブリ 体長約25~35ミリメートル
  • ワモンゴキブリ 体長約30~45ミリメートル

ゴキブリの習性を知って駆除しよう

昼間は何処にいるの?

ゴキブリの潜み場所5大要素

  • 暗い所(台所や風呂場周りのすき間や裏側)
  • 狭い所(台所や風呂場周りのすき間や裏側)
  • 温かい所(台所のレンジ周りや冷蔵庫の裏付近・風呂場付近)
  • 湿っぽい水のある所(台所や風呂場周り)
  • 食べ物がある所(台所・ゴミ入れ・風呂場<アカ等も餌、なんでも食べる>)

5大要素を考えると、昼間等は、ほとんどが台所や風呂場周辺に潜んでいます。

潜み場所例

流し台周辺のすき間(ステンレスのすき間等)/冷蔵庫裏、下/ガス湯沸し器の後ろ/ガスレンジ周り/引き出し裏/ポットのすき間/常に暖かい器具類の周辺等/ダストシュート/風呂場浴槽裏/排水溝中など/暖かい時期の集積所近くの石垣やコンクリートのすき間/ゴミ容器裏/雨水マス中/植木鉢や観葉植物の裏など

また、互いに出すフェロモンにより集団で潜んでいます。行動するときは隅をあるく習性があります。

駆除方法とポイント

ゴキブリの潜み場所を中心に清掃を行い、異なった性格の殺虫剤2種類を併用すると効果的です。

清掃する。

ゴキブリのエサの除去と薬剤の効力アップのため、清掃を行ないましょう。

  • 台所(調理場) レンジ周りのはねた油
  • 風呂場周り 風呂アカの清掃
  • ゴミ捨て場など

薬剤の効果を上げるためにも清掃を行い、前述の「ゴキブリの潜み場所5大要素」を考えてゴキブリの生息場所やその周辺に集中的に処理を行います。薬剤も少量で高い効果が持続します。

ゴキブリ専用のエアゾール殺虫剤を使う。

台所や風呂場周りのすき間(1ミリメートル~)にゴキブリ専用のエアゾールを流し台ステンレス周りのすき間・流し台裏や下・冷蔵庫の裏側や下・ガス湯沸器の裏・台所の引き出し裏・風呂場周辺のすき間(湯船裏)などに吹き込みます。隅をあるく習性があるので、そのような場所に殺虫剤処理をします(撒き過ぎないように)。ポット類は殺虫処理をしないで、すき間は目張りをしてください。(あまりにもゴキブリが多い場合は、くん煙剤を一度使用してから処置すると効果的です)

毒餌剤(ベイト剤)を使う。

ゴキブリが食べて死ぬ駆除剤を台所や風呂場周りの隅に集中的に配置します。

レンジ周り・冷蔵庫の下など。なお、粘着トラップは風呂場以外は、ベイト剤と同様に使います。

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日