ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 医療助成・在宅支援 > 未熟児のために 養育医療

ここから本文です。

未熟児のために 養育医療

出生時の体重が2,000グラム以下、または生活力が弱く、運動不安、けいれん等の症状で指定医療機関の医師が入院養育を必要と認めた未熟児に、医療の給付をします。(指定医療機関に入院した場合に限ります。)

手続き方法

申請に必要な書類

下記1.2.3の書類は池袋保健所または長崎健康相談所に置いてあります

  1. 養育医療給付申請書
  2. 養育医療意見書
  3. 世帯調書
  4. 所得証明
    所得税が課せられている方全員の証明書が必要です。(1月から6月に申請する場合は前々年分、7月から12月に申請する場合は前年分のもの)
    ただし、確定申告書又は源泉徴収票で配偶者控除がない場合は、配偶者に所得が課せられていなくても、配偶者の住民税非課税証明書が必要です。
  5. 対象児の健康保険証の写し
    対象児の氏名、住所、保険証の番号が記載されているもの

変更手続き

認定を受けたかたの、住所、氏名、健康保険、医療機関などに変更があった場合には、変更の手続きが必要です。

申請・問い合わせ先

池袋保健所 健康推進課健康係 電話番号03-3987-4173

長崎健康相談所 健康係 電話番号03-3957-1191

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日