ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > ヒアリ等の健康被害について

ここから本文です。

 ヒアリに刺されたときは・・・

     ヒアリの毒への反応は、人によって大きく異なります。

   下記の症状や対処方法を参考にして、病院を受診してください。

症状

軽  度

中  度

重  度

 刺された瞬間は熱いと感じるような、激しい痛みを感じます。やがて、刺されたあとが  かゆくなります。その後、膿が出ます。

 刺された部分を中心に腫れが広がり、部分的または全身にかゆみを伴う発疹(じんましん)が現れることがあります。

 息苦しさ、声がれ、激しい動悸やめまいなどを起こすことがあり、進行すると意識を失うこともあります。これらの症状が出た場合には、重度のアレルギー反応である「アナフィラキシー」の可能性が高く、処置が遅れると生命の危険も伴います。

対処方法

 

刺された直後

容体が急変した場合

 20~30分程度は安静にし、体調の変化がないか注意してください。  体質によっては、重度の症状となる場合があります。容体が急変したときは、救急車を要請するなど、すぐに医療機関を受診してください。その際、「アリに刺されたこと」「アナフィラキシーの可能性があること」を伝え、すぐに治療してもらってください。

特に注意が必要な方

  ヒアリの毒は、ハチ毒と共通成分などが含まれており、ヒアリに刺された経験がなくても、                  ハチ毒アレルギーを持つ方は特に注意が必要です。

 

 出典:厚生労働省ホームページ

           

救急の必要がない場合のお問い合わせ先

  • 東京消防庁救急相談センター #7119 (ダイヤル回線電話やつながらない地域からは 03-3212-2323)
  • 東京都医療機関案内サービス「ひまわり」 03-5272-0303(夜間・休日は医療機関案内のみ) 
   

お問い合わせ先

  • 情報提供について:環境政策課(03-3981-1293)
  • 健康被害について:長崎健康相談所 (03-3957-1191) 健康推進課(03-3987-4172)
  • 詳細について:東京都環境局自然環境部計画課(03-5388-3548)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2018年3月26日