まち全体が舞台の誰もが主役になれるまち

toshima international city of arts & culture

豊島区は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

sustainable development goals

ここから本文です。

いつも、もしも、どんなときも!区民に寄り添う憩いの場
としまみどりの防災公園(IKE・SUNPARK)

2016年の南池袋公園のリニューアルオープンを皮切りに、中池袋公園や池袋西口公園も続々とユニークな公園に生まれ変わりました。そして、2020年夏、区内最大面積である「としまみどりの防災公園」がオープン!「IKE・SUNPARK(イケ・サンパーク)」との愛称で、多くのかたに親しまれています。

いつも便利・もしもに備える フェーズフリーの防災公園

フェーズフリーとは、「いつもの生活に便利、もしものときは役に立つ(※)」という考え方のことです。区内最大級のオープンスペースは、日常時は憩い、スポーツ、賑わいの創出等に、非常時は避難場所やヘリポート、災害用物資の集積所として活用されます。その他にも、防火樹林帯や井戸水を使用したトイレ等、「いつも」と「もしも」の両面に対応した設備を多く兼ね備えています。
※(一社)フェーズフリー協会資料から引用


園内の防火樹林帯

広々とした公園で「おいしい」を楽しもう

オープンスペースの周辺の「KOTO-PORT」という小型キャビン型の店舗に、様々な飲食物を提供するお店が出店します!バリエーション豊かなお店の中から、お気に入りを見つけてください。
また、2020年中にカフェ「(仮称)EAT GOOD PLACE」が園内にオープンします。eat good=食べることから生まれる良いサイクルをテーマにしたカフェです。ぜひ、足を運んでみてください!

お問い合わせ

公園緑地課公園計画グループ
03-4566-2697

更新日:2020年9月26日