マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 暮らし・地域 > 暮らしの衛生・ペット > 食品衛生 > 肉の生食・加熱不足にご注意を!

ここから本文です。

肉の生食・加熱不足にご注意を!

最近、飲食チェーン店の複数の店舗にて腸管出血性大腸菌(O111・O157)による食中毒事例が発生し、死亡者・重症者が確認されています。

国内での腸管出血性大腸菌(O111・O157)による食中毒については、肉類が関係した感染事例が多くなっています。また、肉類を加熱不足で食べることにより、カンピロバクターやサルモネラなど、他の食中毒菌に感染する可能性もあります。
肉類を取り扱う際には十分に注意してください。

腸管出血性大腸菌(O111・O157)に感染したときの症状は?

  • 腸管出血性大腸菌に感染すると、1~14日の潜伏期間をおいて、水様便、激しい腹痛をおこし、また著しい血便となることもあります。
  • 症状の程度は、全く症状がない場合や軽い腹痛・下痢で終わることもありますが、重篤な合併症をおこし、死亡することもあります。
    特に抵抗力の弱いお年寄りや幼児は、重症化する恐れがありますので注意が必要です。

もし感染が疑われるような場合には速やかに医療機関を受診してください。

肉類の取り扱う際の注意点

十分に加熱する

腸管出血性大腸菌(O111・O157)は75度で1分以上加熱すると死滅します。

ハンバーグや結着加工されたステーキは内部まで菌が入り込んでいる恐れがあります。
また、それ以外の食肉製品でも、加工処理の方法によっては内部まで菌が入り込んでいるおそれがあります。菌がついている可能性のある食品は、中心部の色が変わるまでしっかりと加熱しましょう。

結着処理・・・細かい食肉を固めて成型すること

肉類の生食は避ける

O157などは少量の菌でも発症するため、鮮度に関係なく、新鮮なものであっても食中毒を起こすことがあります。

生食や生に近い料理(レバ刺、ユッケ、鶏わさなど)は避けるようにしましょう。
特に抵抗力の弱いお年寄りや幼児は重症化するおそれがあります。

器具を使い分ける

生の肉類に触れた箸(はし)や包丁、まな板などの器具は、他の食品とは使い分けるか、その都度よく洗浄するようにしてください。

また、焼肉をするときには、生の肉を触る箸(はし)と、食べるときに使う箸(はし)はわけるようにしましょう。

お問い合わせ

更新日:2018年1月5日