ホーム > まちづくり・環境・産業 > 自然・エネルギー > 令和2年度「としまの森・みのわ」森林整備活動状況

ここから本文です。

令和2年度「としまの森・みのわ」森林整備活動状況

箕輪町森林「としまの森・みのわ」

豊島区は、交流都市である長野県箕輪町と協定を結び、箕輪町の森林を整備しています。

整備した森林は、区民の皆さんの環境学習の場、また、箕輪町との相互交流の場として

活用していきます。

令和2年度の森林整備活動状況報告

搬出間伐(0.5ha)

間伐作業(箕輪町)

植林後25年間伐を実施していないヒノキの間伐及び、ヒノキを被圧しているアカマツの伐採を実施しました。

作業道開設(340m)

作業道開設(箕輪町)

伐採した間伐材を搬出する作業道を開設しました。作業道は遊歩道としても有効に活用できます。

破砕敷き均し

破砕敷き均し(箕輪町)

伐採した枝条を破砕処理し、作業道に敷き均しを行いました。

施業前と施業後の様子

施業前

施業前(箕輪町)

ヒノキが密生していることにより、地表に日光が届かず、下層植生も

生育しない不健全な状態でした。

施業後

施業後(箕輪町)

間伐により、地表に日光が入るようになり、健全な森林の生育が期待できる

状態になりました。また、搬出道の開設により、今後の森林整備もスムーズ

に行える環境になりました。

森林整備活動によって得られたCO2吸収量

年度 整備面積 二酸化炭素(CO2)吸収量(注釈)
令和2年度 0.5ha(作業道開設含む) 4.7t-CO2/年

(注釈)長野県「森林の里親促進事業」CO₂吸収評価認証制度による認証

R2箕輪町認証書1R2箕輪町認証書2

 

お問い合わせ

更新日:2021年3月25日