マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 暮らし・地域 > ごみ・リサイクル > 排出抑制・適正分別にご協力ください

ここから本文です。

排出抑制・適正分別にご協力ください

安定的・安全にごみを収集するために、以下のとおり排出抑制・適正分別にご協力ください。

1.リチウムイオン電池などの小型充電式電池やスプレー缶等の排出・分別にご注意ください

リチウムイオン電池などの小型充電式電池は区で収集することができません。

詳細については以下のページをご確認ください。

リチウムイオン電池などの小型充電式電池について

スプレー缶やカセットボンベ、ライターはなるべく使い切って別の袋に入れ、袋に「キケン」と表記して出してください。

詳細については以下のページをご確認ください。

スプレー缶、カセットボンベ、ライターについて

2.布団や金属・陶器・ガラスごみが含まれるごみは、絶対に燃やすごみに出さないでください

布団などの粗大ごみや金属が含まれるごみは清掃工場の機器に絡みつき、故障や停止の原因となります。

革のベルトのように、燃やせる部分と金属部分が一緒になっているものはできるだけ取り外してください。

豊島清掃工場の機器に絡まった不燃物の写真1 豊島清掃工場の機器に絡まった不燃物の写真2 豊島清掃工場の機器に絡まった不燃物の写真3

(豊島清掃工場の機器に絡まった不燃物)

3.生ごみは水切りを十分に行ってください

生ごみの約8割が水分です。水切りするだけで、家庭ごみを減量できます。

生ごみを水切りする図

4.雑がみ(包装紙など)は、可燃ごみではなく「資源(紙・布類)」の日に出してください

豊島区では、包装紙と厚紙製の箱は「資源」として回収しています。燃やすごみの日ではなく、資源(紙・布類)の日に出してください。

包装紙や厚紙製の箱は、十字に縛るか紙袋に入れて出してください。

包装紙・厚紙製の箱を十字に縛ってまとめている図

包装紙・厚紙製の箱を紙袋にいれてまとめている図

〈参考〉資源(紙・布類)の分け方

新聞 折込チラシを含む 十字にしばる
雑誌 コピー用紙・雑紙を含む 十字にしばる
段ボール   十字にしばる
厚紙製の箱   十字にしばるか紙袋に入れる
包装紙   十字にしばるか紙袋に入れる
牛乳パック ジュースなどの紙パックも含む 十字にしばるか紙袋に入れる
古布 衣類など

袋に入れて「古布」と書く

ごみと資源の出し方の詳細については、次のページをご覧ください。資源・ごみパンフレット

5.トレー・プラスチック容器は、水洗いして「資源(びん・かん・ペットボトル類)」の日に出してください

豊島区では、以下のプラスチック容器とトレーは「資源」として回収しています。燃やすごみの日ではなく、資源(びん・かん・ペットボトル類)の日に出してください。

  • プラスチック容器(シャンプー・リンス・ソース・ドレッシング・化粧品・洗剤・食用油)
  • トレー(食品用の発泡スチロール製の皿)

〈参考〉資源(びん・かん・ペットボトル類)の分け方

びん

食品用・飲料用

※キャップははずして「金属・陶器・ガラスごみの日」に出してください。

コンテナ(黄)
かん

食品用・飲料用

※すすいでから出してください。つぶせるものは、つぶして出してください。

コンテナ(青)

ペットボトル

食品用・飲料用

※すすいでから出してください。つぶせるものはつぶして出してください。キャップは、はずして容器と一緒にコンテナへ出してください。(ラベルはそのまま)

コンテナ(緑)
トレー

食品用の発泡スチロール製の皿

※色・柄つきも回収します。

専用の回収ネット
プラスチック容器(ボトルタイプ)

シャンプー・リンス・ソース・ドレッシング・化粧品・洗剤・食用油

※すすいでから出してください。キャップは、はずして容器と一緒に回収ネットへ出してください。

※上記7品目以外のプラスチック容器は、燃やせるごみの日にお出しください。

専用の回収ネッ

ごみと資源の出し方の詳細については、次のページをご覧ください。資源・ごみパンフレット

6.食品ロスを削減しましょう

食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられてしまった食品のことです。

日本では年間約522万トン(令和2年度推計)の食品ロスが発生しています。これを日本人1人当たりに換算すると、毎日お茶碗約1杯分に近い量(約113g)のご飯の量を捨てていることになります。

以下の取組で食品ロスを削減することで、ごみの量を削減できます。

  • 買い物は、まず冷蔵庫の中を見てから行きましょう。
  • 作り置きができれば、まとめ買いもお得です。
  • 余ったおかずは冷凍保存を。
  • 作り置きは、傷みやすいものから食べましょう。

食品ロスの詳細については、以下のページをご覧ください。

豊島区の食品ロス削減対策について

お問い合わせ

ごみ減量推進課計画調整グループ

電話番号:03-3981-1320

更新日:2022年10月27日