ここから本文です。

木造住宅の耐震改修助成事業

豊島区内の木造住宅の耐震改修について、助成金を交付します。

※助成金の申請は契約前・耐震改修工事着手前、耐震改修工事完了は年度内のものが対象となりますので、ご注意ください。

豊島区木造住宅耐震改修助成金交付要綱(PDF:207KB)

助成対象建築物

  1. 昭和56年5月31日以前に建築されたもの
  2. 現状の耐震診断の結果が上部構造評点1.0未満で、補強設計に基づく耐震改修工事により、耐震診断の結果が上部構造評点1.0以上となるもの
  3. 階数が2以下の木造住宅(専用住宅部分が1/2以上)であること
  4. 建築基準法第43条に抵触しない敷地であること
  5. 建築物(塀等を含む)が、建築基準法の道路に突出していないもの
  6. 防火構造であるもの、又は耐震改修工事により同構造となるもの
  7. その他建築基準法上重大な疑義のないもの

助成対象者

助成対象建築物の所有者かつ居住者

  1. 助成対象建築物の所有者かつ居住者
  2. 世帯のかたが住民税を滞納していないこと

助成金の交付額等

耐震改修工事に要した費用の3分の2(100万円が限度)

更に、工事施工者が区内事業者の場合
耐震改修工事に要した費用の6分の1(50万円が限度)を上乗せで助成します。

助成対象となる工事は、耐震診断に基づき耐震診断技術者が行った耐震改修工事の設計によるものに限ります。

耐震診断技術者は東京都木造住宅耐震診断登録事務所制度に基づき登録されたかたとします。

耐震診断技術者が登録された耐震診断事務所の名簿は下記のリンクから東京都ホームページでご覧いただけます。

東京都耐震ポータルサイト(木造住宅の耐震診断事務所の登録・公表)(新しいウィンドウで開きます)

手続き流れ

※助成金の申請は耐震改修工事着手前、耐震改修工事完了は年度内のものが対象となりますので、ご注意ください。

必要な書類

1.助成金承認申請時

A4ファイル綴り、正・副各1冊を提出して下さい。

  1. 耐震改修助成承認申請書(ワード:32KB)
  2. 耐震改修工事計画書(エクセル:51KB)
  3. 耐震診断結果報告書(改修前は評点1.0未満、改修後は評点1.0以上であること)
  4. 建築確認通知書及び検査済証写し(現存しない場合は建築時期のわかる書類)
  5. 改修工事の建築確認通知書の写し(建築確認を要する場合のみ)
  6. 付近見取り図(案内図)
  7. 配置図(接する道路の建築基準法上の種別・幅員記載)
  8. 各階平面図・立面図・軸組図(改修前・改修後)※立面図・軸組図は改修部分のみ
  9. 建物登記事項証明書(登記されていない場合は課税台帳の写し)
  10. 住民票(世帯全員)
  11. 現況写真
  12. 見積書の写し(内訳明細がわかるもの)
  13. 住民税の納税証明書(世帯全員、直近の完納年度のもの(未納額0円のもの)、非課税の場合は非課税証明書
  14. 床面積表
  15. 東京都木造住宅耐震診断事務所登録証(写し)
  16. 助成金交付申請額の計算書(千円未満切捨て)(ワード:34KB)
  17. 建設業許可証明書等(工事施行者が区内事業者の場合)
  18. 承諾書(エクセル:28KB)(他居住者がいる場合)
  19. その他必要な書類

2.耐震改修工事完了時

下記書類を1部提出して下さい。

  1. 耐震改修助成事業完了届(ワード:32KB)
  2. 耐震改修助成金交付申請書(ワード:31KB)
  3. 助成金交付申請額の計算書(千円未満は切捨て)(ワード:34KB)
  4. 契約書の写し
  5. 領収書の写し
  6. 検査済証の写し(確認を要する場合のみ)
  7. 写真(工事内容がわかるよう撮影して下さい)

3.助成金交付決定後

下記書類を1部提出して下さい。

  1. 耐震改修助成金交付請求書(ワード:34KB)
  2. 口座振込依頼書(ワード:21KB)

4.その他

助成承認後、対象事業を取止める場合は1部、内容を変更する場合は、正・副各1部提出してください

  1. 耐震改修助成対象工事取止め届(ワード:31KB)
  2. 耐震改修助成内容変更承認申請書(ワード:31KB)

※変更承認申請書には、変更内容がわかる書類(図面・見積等)を添付してください。

関連情報

お問い合わせ

更新日:2021年7月16日