マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > まちづくり・環境・産業 > 交通 > 高齢者ドライバーが関与する事故が多発しています!!

ここから本文です。

高齢者ドライバーが関与する事故が多発しています!!

自分では安全運転を心掛けているつもりでも、実際には高齢者ドライバーの引き起こす事故は、安全運転とは言えない状況であったことが原因であるケースが、多くみられます。

加齢が運転に与える影響

個人差はありますが、加齢が運転に与える影響は以下のとおりです。

反射神経の衰え

とっさの行動や、ブレーキ操作などに遅れが生じる。

心理的傾向

安全確認を面倒に感じたり、自分は安全運転であるという自分の運転技術への過信。

漫然運転

漫然と運転し、道路標識や歩行者・自転車などを見落としてしまう。

視覚機能の低下

対向直進車のスピードや距離の判断を誤りがち。

体調の悪い時は運転を控えましょう!

運転前に体調を確認し、体調の悪い時は運転を控えましょう。

運転免許の自主返納をお考えください!

運転することに自信がなくなってきたり、家族から運転が心配と言われた方は、運転免許の自主返納制度を

お考えください。

運転免許の有効期限内に自主的に免許を返納した方は、運転経歴証明書を申請できます。

運転経歴証明書は運転免許証と同様に銀行口座を開設する際など、身分証明書として使えます。

詳しくは下記関連リンクをご覧ください。

運転免許の自主返納をサポート(警視庁)(新しいウィンドウで開きます)

ご家族も含め、もう一度一人一人が交通安全について考えてみましょう!!

運転中に少しでも不安に思うことがあったら、ご家族も含めて運転免許の自主返納について考えてみましょう。

お問い合わせ

更新日:2019年5月22日