ホーム > 手続き・届出 > 届出・証明 > 住民基本台帳の一部の写しの閲覧(住民票の閲覧)

ここから本文です。

住民基本台帳の一部の写しの閲覧(住民票の閲覧)

住民基本台帳の閲覧制度は、平成18年11月の住民基本台帳法改正により、これまでの原則公開から個人情報保護重視の制度へと、大幅に変わりました。

閲覧できる場合

  1. 国または地方公共団体の機関が、法令で定める事務の遂行のために閲覧する場合
  2. 個人または法人が、次に掲げる活動を行うために閲覧することが必要である旨の申出をする場合
    • 統計調査、世論調査、学術調査等の調査研究のうち、公益性が高いと認められるもの
    • 公共的団体(例:社会福祉協議会等)が行う地域住民の福祉の向上に寄与する活動のうち、公益性が高いと認められるもの等

(注釈)営利目的の閲覧はできません。

閲覧できる項目

  • 住所
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別

(注釈)ドメスティック・バイオレンス及びストーカー行為等の被害者で支援措置を講じているかたの記録は閲覧できません。

閲覧申出方法

  1. 予約…閲覧希望日の14日前までにしてください。
  2. 申出書類…閲覧希望日の7日前までに提出してください。
  3. 申出先…総合窓口課証明グループ・東部区民事務所・西部区民事務所

(注釈)総合窓口課での閲覧は国・又は地方公共団体の機関に限らせていただきます。
個人・法人による閲覧については、偶数月は東部区民事務所、奇数月は西部区民事務所にお問い合わせください。

閲覧申出書

申請者により提出書類が変わりますので、ご注意ください。

個人・法人による閲覧の場合

警察等が捜査のために閲覧する場合

国、地方公共団体の機関が閲覧する場合(捜査以外の目的)

手数料

  • 住民票の閲覧…1件につき100円
  • 住民記録一覧表の閲覧…閲覧者1人(30分ごと)2,500円

住民基本台帳閲覧状況の公表

住民基本台帳法では不正な目的での閲覧を防ぐための仕組として、市区町村に対し閲覧状況を公表するよう義務付けています。(犯罪捜査等、特別な理由による閲覧は除く)
この規定に基づき、住民基本台帳の一部の写しの閲覧状況を公表します。

問い合わせ先

総合窓口課証明グループ(電話:03-3981-4766)
東部区民事務所(電話:03-3915-9961)
西部区民事務所(電話:03-4566-4021)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2017年3月6日