ここから本文です。

ペット同行避難

災害時におけるペット同行避難

豊島区では、救援センターが開設された場合にペット同行避難(ペットを置き去りにせず、一緒に避難すること)した方を受け入れます。

受け入れについて

受け入れ可能な動物の種類

特に受け入れ可能な動物を定めてはいませんが、大型動物や他の避難者および動物に危害を加えかねない動物に関しては受け入れができない場合があります。

 ※受け入れ不可能な場合に備え、日頃から災害時における飼育方法の検討、避難先を探しておくようにしてください。 

受け入れ条件

(1)飼い主がケージ等を用意できること。

(2)餌、飲み物等を飼い主が自身で用意し、餌やりや糞尿の始末を飼い主が実施できること。

   ※飼い主の方に、動物救護チームとして避難所での動物飼育に関する活動をお願いする場合があります。

受け入れスペースについて

避難者の中には動物が苦手な方やアレルギーを持つ方がいるため、人とペットの受け入れスペースは分かれます。

同行しない避難の検討

救援センターは、自宅での生活が困難になった場合に一時的に生活する場所です。

自宅が安全であり、定期的にペットの世話をするために戻れる状況にある場合は、救援センターに連れて行かないということも検討してください。

また、知人や親戚等普段からペットの預かり先を確保しておき、万が一のときには預けるようにしてください。

平常時からの準備

救援センターでは、ペットは人と離れた場所で避難生活をすることになります。

また、飼い主が用意するケージ等に入ったうえで、他の動物もいる環境の中で過ごすことになり、世話は飼い主自身が行わなければなりません。

平常時から十分な備えや対策をしてください。

防災用品の準備

すぐに持ち出せる場所に保管してください。避難時に持ち出すものと後で取りに行くものを事前に決めておくと円滑に避難できます。

(防災用品の例)

 ●ケージ、キャリーバック(救援センターではケージ内で生活します)

 ●ペットフードと水(3日分以上)

 ●常備薬、療法薬

 ●食器、トイレ用品、ブラシ、タオル、おもちゃやガムテープ等の生活に必要と思われる物

 ●首輪、リード、ハーネス

 ●健康記録 等 

しつけと健康管理

救援センターでは共同生活を送ることになります。ケージ等に慣れさせることやトイレトレーニング等のしつけ、ワクチン接種等の健康管理といった備えも日頃から行ってください。

身元表示

突然の災害に驚いてペットが逃げ出してしまい、飼い主と離れ離れになってしまう可能性もあります。はぐれてしまったペットが飼い主のもとに戻れるよう、普段から身元表示をしてください。

補助犬について

盲導犬、介助犬および聴導犬といった補助犬に関してはペットとは取扱いが異なります。

他の避難者に配慮しながら個別に補助犬同伴可能の部屋を確保する等の対応を検討します。

 


お問い合わせ

防災危機管理課防災事業グループ

電話番号:03-4566-2572

更新日:2022年3月3日