ホーム > 防災・安全 > 防災・災害対策 > 防災行政無線屋外拡声器について

ここから本文です。

防災行政無線屋外拡声器について

防災行政無線屋外拡声器は、区内76カ所に設置したスピーカーにより、災害発生時における避難情報などの重要な情報を発信しています。また、国の全国瞬時警報システム(Jアラート)(新しいウィンドウで開きます)と連動し、国民保護情報(武力攻撃、テロなど)や緊急地震速報(震度5弱以上)などについて自動放送されます。

設置場所

屋外拡声器は、区施設や学校、公園などに設置されており、区役所及び区民事務所等で配布している「豊島区防災地図」でその場所を確認することができます。

豊島区防災地図

平常時の放送

平常時においても、防犯その他の情報を随時お伝えしています。
また、機器の点検を兼ねて、毎日午後5時(秋分の日の翌日から春分の日)または午後6時(春分の日の翌日から秋分の日)に「ふるさと」のメロディーを流しています。

防災行政無線

現在放送している内容(区内全域)

区内全域を対象に放送している内容をお知らせします。

現在、区内全域を対象に放送しているものはありません。

過去一か月以内に放送した内容(区内全域)

一か月以内に区内全域を対象に放送した内容をお知らせします。

防災とボランティア週間(令和4年1月15日から令和4年1月21日)

令和4年1月15日から21日の午前10時に、下記放送が流れます。

「警視庁からのお知らせです。1月15日から21日までは、防災とボランティア週間です。今年は、阪神・淡路大震災から27年目です。地震など災害はいつ、どこで起こるかわかりません。地域の輪を広げ、助け合いの精神をはぐぐみ、災害に強い街づくりを目指しましょう。」

 

 

お問い合わせ

更新日:2022年1月22日