マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 予防接種全般 > 子宮頸がん予防ワクチン接種

ここから本文です。

子宮頸がん予防ワクチン接種

子宮頸がん予防ワクチン(以下、HPVワクチン)は、平成25年4月1日より任意予防接種から定期予防接種に変わりました。

平成25年6月14日の厚生労働省の通知を受け、積極的な勧奨を差し控えておりましたが、その後ワクチンの安全性及び有効性が副反応のリスクを明らかに上回ることが認められ、令和3年11月26日の同省通知により、令和4年4月より接種の積極的勧奨を再開することとなりました。

詳しくは、以下の厚生労働省HP内のリーフレットなどをご覧ください。

令和4年度接種対象者

定期予防接種

小学校6年生から高校1年生相当(平成18年4月2日から平成23年4月1日生まれ)の女子

令和4年度は4月末に、定期接種者のうち標準接種期間以上にあたる中学校1年生から高校1年生のかたへ、予診票を送付いたしました。

積極的な勧奨差し控えにより定期予防接種の機会を逃した方

平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの女性

上記の方については、令和7年3月31日まで無料接種の対象となりました。

令和4年7月末(予定)に、対象の方へ予診票を発送いたします。

接種ワクチン

  • 組換え沈降2価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン(商品名:サーバリックス®
  • 組換え沈降4価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン(商品名:ガーダシル®

9価ワクチン(シルガード®)については、現在定期予防接種の対象と認められておりません。

接種スケジュール

接種回数

2価、4価ワクチンともに全3回

接種間隔

間隔

接種方法

豊島区から届く予診票を、23区内の実施医療機関に持参し接種してください。(医療機関によっては予約が必要です。)

予診票をお持ちでないかたは、池袋保健所健康推進課または長崎健康相談所、池袋保健所出張窓口(区役所4階)でお渡しできます。

接種記録を確認してから交付いたしますので、母子手帳を持って窓口にお越しください。

実施医療機関

子宮頸がん予防ワクチン接種実施医療機関名簿(PDF:60KB)

豊島区以外の22区で接種を希望される場合は、事前に接種の可否を各医療機関にお問い合わせください。

保護者の同伴なしで接種を希望する場合

13歳~15歳の方で、保護者の同伴なしで予防接種を希望する場合は、予診票の「13~15歳で保護者が同伴しない場合」欄に必要事項をご記入ください。なお、令和4年4月27日までに発行している予診票(旧様式)をお持ちの方は、別途同意書(以下よりダウンロードまたは手書きで作成)が必要となります。

同意書(PDF:37KB)

16歳以上の方で、保護者の同伴なしで予防接種を希望する場合は、予診票に自署することで接種できます。

子宮頸がん予防ワクチンの効果

子宮頸がんは子宮の入り口にできるがんで、近年20・30歳代の罹患者が増えています。日本国内では年間約1万1千人が発症し、約2千9百人が亡くなっています。(2018年現在)

子宮頸がん予防ワクチンは、ヒトパピローマウイルス(HPV)への感染を予防するワクチンのため、感染経路となる性交渉を開始する前に接種することが最も効果的とされています。現在定期接種として認められている2種類のワクチンの接種で、子宮頸がんの原因の50~70%であるHPV16型と18型の感染を防ぐことができます。

子宮頸がん予防ワクチンは、現在世界120か国以上で定期接種化されていますが、国外や日本で行われた調査では、HPVワクチン導入により前がん病変の発生が有意に低下していることが報告されています。また、一部の国からは、子宮頸がんそのものを予防する効果があることも報告されており、スウェーデンの研究では、4価ワクチンを接種した女性では、接種しない女性と比較すると、子宮頸がんの発症のリスクが63%低下し、特に17歳未満で接種した女性では88%の低下を認めたとされています。

なお、ワクチン接種に加えて子宮頸がん検診をすることにより、子宮頸がんから体を守ることができます。

子宮頸がん検診

子宮頸がん予防ワクチンの副反応

接種後の主な副反応(令和3年12月時点)

2価ワクチン(サーバリックス®)

  • 10%以上:痒み、注射部位の痛み・赤み・腫れ、腹痛、筋痛・関節痛、頭痛、疲労など
  • 1~10%未満:じんま疹、めまい、発熱など
  • 1%未満:注射部位の知覚異常、しびれ感、全身の脱力
  • 頻度不明:手足の痛み、失神など

4価ワクチンの場合(ガーダシル®)

  • 10%以上:注射部位の痛み・赤み・腫れ
  • 1~10%未満:注射部位の痒み・出血・不快感、頭痛、発熱など
  • 1%未満:手足の痛み、腹痛など
  • 頻度不明:疲労感、失神、筋痛・関節痛など

きわめて稀に起こる重い副反応(平成25年3月時点)

ワクチンとの関係が否定できないとされた重い副反応として、以下の症状が報告されています。

  • アナフィラキシー:呼吸困難、じんま疹などを症状とする重いアレルギー(約96万接種に1回)
  • ギラン・バレー症候群:両手・足の力の入りにくさなどを症状とする末梢神経の病気(約430万接種に1回)
  • 急性散在性脳脊髄炎(ADEM):頭痛、嘔吐、意識の低下などを症状とする脳などの神経の病気(約430万接種に1回)
  • 複合性局所疼痛症候群(CRPS):外傷をきっかけとして慢性の痛みを生ずる原因不明の病気(約860万接種に1回)

万が一健康被害が発生し、その症状と予防接種との因果関係について厚生労働大臣が認定した場合は、医療費等の給付を行う予防接種健康被害救済制度(新しいウィンドウで開きます)の対象となります。

相談窓口

子宮頸がん予防ワクチンを含む感染症全般に係るご相談について

厚生労働省の感染症・予防接種相談窓口にて、子宮頸がん予防ワクチンを含む予防接種、インフルエンザ、性感染症、その他感染症全般についての相談にお答えします。

電話番号:03-5276-9337

受付時間:平日9時~17時(土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)

行政に関するご意見・ご質問は受け付けておりません。
※本相談窓口は、厚生労働省が業務委託している外部の民間業者により運営されています。

接種後に症状が生じた方へ

東京都が設置する専用窓口にて、子宮頸がん予防ワクチン接種後に体調が悪くなった方からのご相談にお答えします。

(参考)ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に症状が生じた方に対する相談窓口について(新しいウィンドウで開きます)

接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について

子宮頸がん予防ワクチンの接種後に生じた症状について、適切な診療を提供するための協力医療機関が選定されています。

協力医療機関の受診については、まずは接種を受けた医師及びかかりつけの医師にご相談ください。

(参考)HPV(ヒトパピローマウイルス)感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ

健康推進課管理・事業グループ

電話番号:精神保健・難病・小児慢性・成人保健・その他課内庶務等に関すること:03-3987-4172、母子保健・予防接種(コロナワクチンを除く)・歯科保健に関すること:03-3987-4173

更新日:2022年7月1日