ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 予防接種全般 > 子宮頸がん予防ワクチン接種

ここから本文です。

子宮頸がん予防ワクチン接種

子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的勧奨の差し控えについて

平成25年6月14日に厚生労働省より通知があり、子宮頸がん予防ワクチン接種については、積極的な勧奨を差し控えることになりました。

子宮頸がん予防ワクチンの接種にあたっては、有効性と接種による副作用が起こるリスクを十分理解したうえで受けるようにしてください。

詳しくは、下記厚生労働省リーフレットをご覧ください。

子宮頸がん予防ワクチン接種

子宮頸がん予防接種は、平成25年4月1日より任意予防接種から定期予防接種に変わりました。

子宮頸がん予防ワクチンとは

子宮頸がんは、ヒトパピローマウィルス(HPV)の感染により発症し、近年20・30歳代の罹患者が増えています。日本全体では年間約1万5千人が子宮頸がんと診断されています。

HPVは子宮頸がんなどの原因となるHPV16、18型などと尖圭コンジローマ等の原因となるHPV6、11型などがあります。子宮頸がん予防ワクチンには「サーバリックス」、「ガーダシル」の2種類があります。いずれについてもHPV16、18型に起因する子宮頸がんなどの予防効果が認められていますが、効果について、直接比較したデータはありません。女性は子宮頸がん予防ワクチンの接種と子宮頸がん検診をすることにより、子宮頸がんから体を守ることができます。

子宮頸がん検診

接種対象

ワクチン接種時、小学校6年生から高校1年生相当の年齢の女子

(標準的接種期間は中学1年生から高校1年生の属する年度まで)

接種スケジュール

接種回数
2価、4価ワクチンともに3回

接種間隔
2価ワクチン(サーバリックス)の場合:1か月以上あけて2回、1回目から5か月以上かつ2回目から2か月半以上あけて1回
【標準的な接種間隔:1か月あけて2回、1回目から6か月以上あけて1回】
4価ワクチンの場合(ガーダシル):1か月以上あけて2回、2回目から3か月以上あけて1回
【標準的な接種間隔:2か月あけて2回、1回目から6か月以上あけて1回】

接種方法

公費助成で予防接種を受けたい場合は予診票の発行手続きが必要です。ページ上部の厚生労働省が発行するHPVワクチンについてのリーフレット等をよくお読みになり、有効性と接種による副作用が起こるリスクを十分理解したうえで接種を希望される場合は、下記担当までお問い合わせいただくか、母子手帳を持参し、池袋保健所4階、豊島区役所4階池袋保健所出張窓口、または長崎健康相談所にお越しください。

池袋保健所健康推進課予防接種担当:TEL:03-3987-4173

子宮頸がん予防ワクチン接種実施医療機関

子宮頸がん予防ワクチン接種実施医療機関名簿(PDF:145KB)

予約が必要な場合がありますので、あらかじめ医療機関にお問い合わせのうえ予防接種を受けてください

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2020年7月3日