ホーム > 子育て・教育 > 子ども・若者 > としま子ども会議

ここから本文です。

としま子ども会議

豊島区では、「豊島区子どもの権利に関する条例」第20条第4項に基づき、子どもが区政などについて話し合い、自分の意見を発表する場として、「としま子ども会議」を令和2年度から開催しています。

目的

「児童の権利に関する条約」や「豊島区子どもの権利に関する条例」に定める子どもの意見表明権の確保を図ります。また、子どもが区政などについて話し合い、意見を表明する場を設けることで、区政に子どもの意見を反映することを目的とします。

第1回(令和2年度)の実施内容

新型コロナウイルス感染症の影響で学校生活や日常生活に予期せぬ変化が出た中で、「思い出を取り戻したい 今の自分たちの思い出をつくりたい」をテーマに、6回のオンライン会議にて意見交換を行いました。全回終了後、意見交換の結果を踏まえて発表会を開催しました。各回の実施内容や意見発表会の内容などの詳細、子どもの意見を踏まえた区の取組の方向性については、下記報告書をご覧ください。

実施期間

令和2年7月から令和2年12月

参加者

豊島区在住または在学の小学4年生1名、中学1年生2名、高校1年生1名(計4名)

意見発表会について

日時

令和2年12月13日(日曜日)午前11時から12時

会場

豊島区議会議場(区役所本庁舎8階)

実施内容

「としま子ども会議」参加者がそれぞれの意見を発表し、発表内容に関係する区幹部職員との質疑応答を行いました。3「としま子ども会議」での発表の様子

その後、高野区長、高際副区長、金子教育長による講評を行いました。

第1回「としま子ども会議」実施報告書

第1回「としま子ども会議」実施報告書(PDF:7,390KB)


 

更新日:2021年2月25日